最近の話題、親子お出かけスポットなど情報更新していきます!

【不動産】土地売買での契約と所有権移転で準備、必要なもの!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
不動産業界で営業マンしています。子供とのお出かけ情報、今話題のこと、建築のこと、資産運用などの情報更新していきます。

住宅を建てるために土地購入する場合は宅建業者を仲介で売買契約、所有権移転の手続きを行います。不動産投資を行っている方以外はサラリーマン家庭で一般的な方は何度も行うことではないと思います。実際に土地の売買を行う場合の流れと必要なものなどご紹介していきます。

土地を取得するまでの流れ

  1. 土地の選定
  2. 仲介会社の確認
  3. 売買契約の必要書類確認
  4. 売買契約
  5. 残金支払
  6. 所有移転手続き

土地の重要事項の確認

購入する土地についての重要事項等の情報は宅建業者にしっかりと確認してください。

  • 用途地域
  • 建ペイ率容積率
  • 接道、セットバックの有無
  • 計画道路の有無
  • 上下水道
  • 文化財地域の確認
  • 土地の評価(固定資産税)
  • 近隣の情報
  • 地盤の情報
  • 登記簿の権利関係確認

売買契約

必要なもの

買主

  • 印鑑(認印可)
  • 手付け金
  • 印紙代
  • 身分証明書のコピー

売主

  • 実印鑑
  • 印鑑証明書
  • 身分証明書のコピー
  • 固定資産税納付書
  • 印紙代

売買契約について

売買契約は宅建業者が重要事項説明の上行います。宅建業者の事務所で行うことは多いです。場合によっては売主、買主の自宅に宅建業者が伺い売買契約することもあります。売買契約で手付け金を支払い後日残金の支払いができるタイミングで司法書士立ち会いで所有権移転の手続きを行います。

所有権移転登記の手続き

所有権移転の手続きは売買契約の後日に残金の支払いが出来るタイミングで行います。一般的には取引ある金融機関で買主、売主、仲介宅建業者、司法書士が集まります。そこで残金の支払を確認して司法書士と必要な書類を確認して手続きを進めます。このときに仲介手数料の支払いを宅建業者に行うことも出来ます。

まとめ

売買契約から所有権移転までについてご紹介しました。実際は必要な書類など宅建業者がメインで段取りしてもらえます。売買契約の時に必要な書類、残金支払の時に必要な書類と売主、買主それぞれあります。

売買契約については流れがわかった上で宅建業者にはしっかりと確認しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
不動産業界で営業マンしています。子供とのお出かけ情報、今話題のこと、建築のこと、資産運用などの情報更新していきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ~リッチトク~ , 2019 All Rights Reserved.